金沢市産学連携ネットワーク

金沢市産学連携ものづくり技術交流塾
平成29年度「先端ものづくり技術交流セミナー(第3回)」

   

~サイバーセキュリティの動向と対策~

 ICTやIoTの活用が金沢市内の中小企業においても広がる一方、高度化、巧妙化するサイバー攻撃への対策は企業にとって大きな課題でありかつ重荷となっています。しかし、企業活動がグローバル化し、かつクラウドサービスなどの利用が進む中、昼夜・場所を問わないサイバー攻撃の脅威から企業活動全般を守るためには、セキュリティ対策が重要です。
 本セミナーでは、コンピュータウイルスや企業ネットワークへのサイバー攻撃の実情や、そのウイルスやサイバー攻撃について解説するとともに、企業として対応できる具体的なセキュリティ対策例について説明します。
 関係各位の多数のご参加をお待ち申し上げます。

開催日: 平成29年11月27日(月)
時間: 午後2時30分から午後5時まで
会場: 金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
セミナー: 1.「サイバーセキュリティの現状と対応できる人材の育成について」
      石川工業高等専門学校電子情報工学科 准教授 小村良太郎 氏
2.「中小企業におけるサイバーセキュリティの実例と対策」
      独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部IT人材育成本部
                        専門委員 平原 隆 氏
(14:30~16:30)
情報交換会: 講師や他の参加者と情報交換を行います。
(16:30~17:00)
対象者: サイバーセキュリティに関心のある企業、研究開発機関、行政機関の方々
定員: 30名
参加費: 無料
申込締切: 平成29年11月21日(火) 
申込方法: 下記の募集案内をダウンロードしていただき、参加申込書に必要事項を記入の上、下記申込先にFAX又はEメールにてお申し込みください。
詳細: 募集案内(Word形式)
申込先: 〒920-0377
金沢市打木町東1400番地 金沢市異業種研修会館
担当 南(
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

金沢市産学連携ものづくり技術交流塾
平成29年度「先端ものづくり技術交流セミナー(第2回)」

   

~最新X線画像診断機器とその臨床的効果~

 X線画像診断機器は、今や先進医療を支える大きな柱の一つとして日々患者の治療や救命に貢献しています。単なるレントゲンやコンピュータ断層(CT)撮影だけの時代はとうの昔で、様々な応用機器が活躍しています。これらはすべてデジタル化され、最先端のコンピュータ技術や信号センシング技術と融合し、今までは捉えられなかった病態を鮮明に画像化します。また、コンピュータ機器や電子機器のボーダーレス化によって、小規模ベンチャービジネスがアイデア次第で大企業に勝るとも劣らない機器やアプリケーションを開発し、実際に医療に貢献するスタイルも多く見られるようになりました。
 本セミナーでは、最新X線画像機器とそれらの臨床的効果をわかりやすく解説し、今後求められる新技術も紹介します。名刺交換会では、最先端の小型X線装置も展示する予定です。
 関係各位の多数のご参加をお待ち申し上げます。

開催日: 平成29年10月12日(木)
時間: 午後2時30分から午後5時まで
会場: 金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
セミナー: 1.「最新X線画像診断機器と臨床現場における活用」
      金沢大学医薬保健研究域 保健学系 教授 市川 勝弘 氏
2.「X線画像診断機器におけるデジタル革命」
      富士フィルムメディカル株式会社 販売統括本部 MS部 永田 武史 氏
(14:30~16:30)
名刺交換会: 高感度高精細移動型X線イメージング装置の展示、講師や他の参加者と情報交換を行います。
(16:30~17:00)
対象者: 医療画像機器に関心のある企業、研究開発機関、行政機関の方々
定員: 30名
参加費: 無料
申込締切: 平成29年10月11日(水) 
申込方法: 下記の募集案内をダウンロードしていただき、参加申込書に必要事項を記入の上、下記申込先にFAX又はEメールにてお申し込みください。
詳細: 募集案内(Word形式)
申込先: 〒920-0377
金沢市打木町東1400番地 金沢市異業種研修会館
担当 南(
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903

金沢市産学連携ものづくり技術交流塾
平成29年度「先端ものづくり技術交流セミナー(第1回)」

   

~金属3Dプリンタの活用とその動向~

 テレビや新聞などのメディアでは、3Dプリンタによるものづくりが活発に報じられています。1981年に樹脂を用いて立体形状を製作する技術が提案されて以来、セラミックスや金属など様々な材料がこの技術に適用されています。近年では、製作した部品がそのまま製品として使用できるなどの利点から、金属を用いた3Dプリンタが注目されています。一方、3次元CADで作成したデータを準備さえすれば、誰でも簡単に実物を得られると思われがちですが、現在の金属3Dプリンタではどこまでできるのでしょうか?
 本セミナーでは、金属3Dプリンタの基礎技術の説明と共に、3Dプリンタ装置の概要、活用実例や最新の動向について分かりやすく解説します。情報交換会では、3Dプリンタによる製作品の展示も行います。
 関係各位の多数のご参加をお待ち申し上げます。

開催日: 平成29年6月28日(水)
時間: 午後2時30分から午後5時まで
会場: 金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
セミナー: 1.「金属3Dプリンタが金型づくりを変える」
      パナソニック株式会社エコソリューションズ社
       ものづくり革新本部 生産技術センター 主幹 阿部 諭 氏
2.「金属3Dプリンタによる金型製作の現状と課題」
      金沢大学理工研究域機械工学系 教授 古本 達明 氏
(14:30~16:30)
情報交換会: 3Dプリンタによる製作品の展示、講師や他の参加者と情報交換を行います。
(16:30~17:00)
対象者: 3Dプリンタの利用に関心のある企業、研究開発機関、行政機関の方々
定員: 30名
参加費: 無料
申込締切: 平成29年6月23日(金) (募集終了しました)
申込方法: 下記の募集案内をダウンロードしていただき、参加申込書に必要事項を記入の上、下記申込先にFAX又はEメールにてお申し込みください。
詳細: 募集案内(Word形式)
申込先: 〒920-0377
金沢市打木町東1400番地 金沢市異業種研修会館
担当 南(
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903